スキンクリアクレンズオイルの効果は本物?【肌のくすみを徹底検証】

アテニアのスキンクリアクレンズオイルは多くの雑誌などでも紹介され、評判ですね。お肌のくすみも解消してくれるとか。でもそれって、ホント?

クレンジングの基本

クレンジングの働きって?お肌のタイプ別のクレンジングとは

投稿日:

スキンケアの中でもいちばん重要だと言われているクレンジング。

でも、完璧にクレンジングを行っている人は
少ないかもしれませんね。

クレンジングにはさまざまな働きがあります。
お肌のタイプでおすすめしたいクレンジングのタイプも違います。

ここでは、クレンジングの基本的な働きや種類、お肌のタイプ別に
おすすめしたいクレンジング料についてお伝えします。

クレンジングの働き

クレンジングは洗顔料だけでは落とすことができない
メイク汚れを落とす役割を担っています。

メイク用品に使われている油分などは
洗顔料だけではキレイに落とすことができません。

クレンジングはメイク汚れ、洗顔料はお顔についた、
ほこりや皮脂汚れなどを落とすと覚えておきましょう。

メイク汚れがお肌に残っていると
ニキビや毛穴の黒ずみなど、お肌のトラブルを引き起こすことにも
なってしまいます。

「だから、丁寧に時間をかけてクレンジングしてるのよ!」

↑この考えはNGです。

スキンケアの中でも重要なクレンジングですが
いちばんお肌に負担をかけやすいプロセスでもあるんです。

「丁寧にすること」と「時間をかけること」は
同じことではありません。

できれば40秒、遅くても1分以内にサッサと済ませるようにしましょう。

これ以上はお肌に負担をかけて
くすみやたるみなどお肌の老化を進めてしまうことになります。

クレンジングの種類

ひと昔前はクレンジング料の種類は
1~2種類程度だったように思うんですが、
今は購入する時に悩むほど、とても多くのクレンジング料が販売されています。

洗浄力や洗い上がりなどに違いがあります。

◆ オイルタイプ
オイルタイプは界面活性剤を多く含み、クレンジング料の中では
いちばん洗浄力が高いといわれています。
その分、お肌への刺激が強いので、敏感肌の人は避けたほうがいいです。

メイクを浮き上がらせ、馴染ませて落としていきます。
使用しているオイルや界面活性剤の種類も要チェックです。

◆ クリームタイプ
比較的、お肌に優しいと言われているクレンジング料です。
お手頃価格のものもあるので
たっぷり使って、マッサージを兼ねることもできます。
メイクと馴染むまでに、多少時間がかかります。

拭きとるタイプと洗い流すタイプがあります。
拭き取るタイプの場合はゴシゴシとこすらないように注意しましょう。

◆ ミルクタイプ
乳液タイプで使いやすいのですが、洗浄力は強くありません。
また、水分が多い分、メイクとの馴染みが良くないので
ついこすってしまがちなので気をつけたいですね。

ナチュラルメイクの場合はミルクタイプで十分だと思います。

◆ ジェルタイプ
最近はジェルタイプが人気があがっているようですね。
ジェルタイプには水性ジェルと油性ジェルがあります。
水性ジェルの方が洗浄力は低いです。

ジェルの種類も多く、成分も異なりますから
事前にチェックをしたいものですね。
乾燥を防ぐ保湿成分が入っているものもあります。

お肌のタイプとクレンジング料

自分のお肌のタイプを考えて、クレンジング料を選んだほうが
お肌のトラブルが起こしにくくなります。

またメイクの濃さやその時のお肌の状態によって、
影響を与えることもあります。

◆ 普通肌
健康な普通肌は、どんなクレンジングでもOKです。
とはいえ、正しくクレンジングをしないと
健康なお肌を傷めてしまうことになってしまいますから
注意しましょう。

また、季節や体調によって
お肌の状態が変わってきますので
その時々で、クレンジングの種類を使い分けるのがおすすめです。

◆ 敏感肌
敏感肌は、少しの刺激でも肌トラブルを引き起こしてしまいます。
刺激の少ないクレンジング料を使い、
必要以上にクレンジングを行わないほうがいいでしょう。

とにかく、お肌に優しいものを選んで使用するようにしましょう。

◆ 乾燥肌
乾燥肌の人は潤い不足で、バリア機能も低下しているので
刺激が強いクレンジング料は向いていません。

空気が乾燥している時やお肌の調子が良くない時は
メイクは控えたほうがいいですね。
ますます乾燥をしてしまいます。

洗浄力が強いオイルクレンジングは、
必要な皮脂まで取って乾燥してしまうので
乾燥肌の人は使わないほうがいいです。

◆ 脂症の肌
皮脂の分泌が活発なのですが、
だからといって必要な皮脂まで取り除いてしまうと
ますます皮脂分泌が活発になってしまうんです。

炎症をおこしてニキビの元にもなってしまいます。

しっかりと汚れを落とすけど落としすぎない・・このバランスが大事です。

クレンジングのタイプはさほど選びません。
メイクの濃さや体調によって、使い分けるといいですね。

「クレンジングの働きって?お肌のタイプ別のクレンジングとは」のまとめ

クレンジングはとっても大事、だけど
気をつけないとお肌を傷めるプロセスだということを
よく覚えておいてくださいね。

「丁寧にするけど優しく短時間で終わらせる」ことが大切です。

クレンジングをした後の保湿にも十分に気を配りましょう。

-クレンジングの基本

関連記事

クレンジングの選び方のポイント/自分の肌に合うものを選んでますか?

美肌のためにはクレンジングは欠かせません。 そのクレンジングの選び方によって、すっぴんがキレイな美肌になるか、 いつもトラブルに悩まされるお肌になるか、分かれ道なんです。 ここではそのポイントをお伝え …

クレンジングシートはお肌に悪いの?クレンジングシートの正体とは

CMでもよく目にするクレンジングシート。 使った事がない人はいないと思いますが、 そもそもクレンジングシートって何でしょう? あなたはクレンジングシートをよく理解して 正しく使っていますか? クレンジ …

クレンジングは美肌へのカギ/スキンケアの大事なステップ!

クレンジングや洗顔はスキンケアの基本だと言われていますが 毎日のルーティンとして行っているから 無意識でおこない、ケアとしてはつい疎かになりがちです。 何も考えずに行っているので、いい加減になっている …

お肌のタイプとクレンジングの関係って?選び方は大事です

クレンジング料は種類によって 洗浄力やお肌への刺激が違います。 ということは、当然使い心地が良いもの、良くないものがあります。 美肌を保つには、自分のお肌にあうクレンジング料を 見極めることが必要にな …

20代、30代、40代、50代、年代別クレンジングのポイントは

いくら気をつけていても年々衰えてくるお肌。 少しでもそのスピードを遅くしたいものですよね。 そのためには、 その年代にあったクレンジング料を使うことが大切ですよ。 お肌の質に関わってきますね。 ここで …