クレンジングの基本

クレンジングの種類っていろいろあるの?特徴も詳しく調べてみました

ひと昔前は、クレンジングと言えば
ポ●●のクリームクレンジングが有名だったと思いますが
今では購入するのに迷うくらい、すっごく種類が増えていますね。

クレンジングのタイプも様々で、
「私のお肌にはどれがあうのかな・・」と
素人では良く分かりませんよね。

ここでは、クレンジングの種類や特徴などについて
詳しくお伝えします。

オイルクレンジング

主にオイル+界面活性剤で作られているクレンジングです。
オイルはメイクと馴染みが良く、浮き上がらせて落としてくれます。

いちばん洗浄力が高いのがオイルクレンジングだと言われています。
メイクが濃い場合に使用すると良いのですが
デメリットもあります。

オイルクレンジングは洗浄力が高いです。
ということは、界面活性剤の配合が多く、刺激が強いということです。

つまり、お肌を傷めやすくなります。

短時間でササッと優しく使用したいものです。
時間がかかるとお肌の負担にもなり
乾燥も引き起こしてしまいますよ。

クレンジングジェル

ジェル(ゲル)タイプのクレンジングで、
最近は使用する人も増えています。
オイルフリーだったり水溶性のジェルタイプたっだりと
いくつかタイプが分かれています。

最近はホットクレンジングゲルも人気です。
美容成分が入っていて美容効果も期待できます。
温感が気持ちよく癒されますよ。

洗浄力も多少違ってくるので、購入前にチェックしたいですね。

クリームクレンジング

オイルと界面活性剤とのバランスがよく
テクスチャも伸びやすいので使いやすいタイプです。

マッサージとして使えるものもあります。
また拭き取るタイプと洗い流すタイプから選ぶことができます。

お手頃価格の商品が多いので、根強い人気があります。

ミルククレンジング

オイルタイプと同じように、テクスチャが柔らかく使いやすいです。
でもオイルのような洗浄力は期待できません。

どちらかというと、ナチュラルメイクに向いています。
刺激が少ないので、お肌の弱い敏感肌の人におすすめです。

ミルクタイプは水分が多く、メイクとの馴染みがよくありません。
ですから、ついお肌をこすってしまいがちです。
刺激の少ないクレンジングを使っているのに
こすってしまっては、摩擦を起こしてお肌の負担になってしまいます。

使い方には十分に注意をしましょう。

「クレンジングの種類っていろいろあるの?特徴も調べてみました」のまとめ

クレンジングは種類も多く、テクスチャや成分まで様々です。
洗浄力にも違いがありますから、
メイクの濃さによって使い分けるのがいいかもしれません。

また、お肌がつかれている時は
洗浄力が強くないクレンジングを使うと、お肌に負担がかかりませんよ。